CloudMaster

会社沿革

2003年 TOKAIコミュニケーションズがシスコムの日本法人に出資。
TOKAIコミュニケーションズ所有のEDI/EAIミドルウェアである「JFT」に
シスコムのRDBMS”DB Master”を組み込み多くのお客様に提供。
※EDI : Electronic Data Interchange / EAI : Enterprise Application Integration
2005年 SYSCOMが台湾でJFTを販売(台湾での商標 “ATHELAS”)。
2011年 12月 TOKAIコミュニケーションズがSYSCOM訪問時に協業提案。
2012年 5月 TOKAIコミュニケーションズとSYSCOMが協業合意。
2012年 9月 TOKAIコミュニケーションズとSYSCOMが西安にて合弁会社設立に係るMOUを締結。
2013年 2月 TOKAIコミュニケーションズとSYSCOMが東京にて合弁契約書の調印。
2013年 3月 当社 会社設立。
2013年 4月 当社 開業。
2013年 10月 当社が推進した、台湾クラウド向けソフトウェアパッケージを採用したプ
ライベートクラウドサービス「BroadCenter Pracla ホステッド・プライベートクラウド」をTOKAIコミュニケーションズが日本国内向けに販売開始。
2013年 11月 TOKAIグループが台湾経済部主催の「2013 IPO Awards(IT 国際パートナー表彰)」ソフトウェアインテグレーションパートナー部門を受賞。
2014年 2月 当社100%出資の日本現地法人「クラウドマスタージャパン」を設立。
2014年 10月 当社が提供しているクラウドサービス「企業專屬雲端機房代管服務-Pracla」が台湾経済部主催の「2014クラウドイノベーションアワード」台湾国内開発クラウドデータセンタープラットフォーム部門で1位を獲得。SYSCOMグループ受賞。
2016年 3月 当社が提供しているクラウド基盤ソフトウェア「Pracla」が台北コンピュータ協会主催の「システムインテグレーション輸出模範賞」で一位を獲得。SYSCOMグループ受賞。